男の人

インフルエンザを発症したらどのような症状が現れるのか徹底検証

発熱時の対応

鼻をかむ人

インフルエンザの代表的な症状と言えば、発熱。高熱に陥りやすいA型以外にも、二峰性発熱と呼ばれるものがあります。特に幼児や小児に多く見られるので、専門医療機関で検査を受けて適切な治療を受けましょう。

詳しくはこちら

病院での治療を受けよう

頭を押さえる女性

インフルエンザによる症状と風邪による症状は、共通している部分もありますが異なる部分もあります。風邪をひいた際どのような症状が発生するかというと、咳や鼻水、のどの痛みなど、これらの症状が現れるようになります。インフルエンザの場合、風邪の症状に加え、関節痛や発熱、筋肉痛などの症状も現れるようになります。さらに倦怠感も発生します。このように、インフルエンザは実に厄介な病気なのです。

インフルエンザの治療は、基本的にインフルエンザ専門の薬を用いて行なわれます。この薬のことを「抗インフルエンザ薬」と言います。インフルエンザの厄介なところは、肺炎を併発する可能性を秘めているという点です。症状が現れたらすぐに病院に行き、抗インフルエンザ薬による治療を行ないましょう。抗インフルエンザ薬には、点滴や飲み薬、吸入薬などいろいろな種類があります。基本的には医師からの提案で決めますが、最終的な判断は患者自身によるものとなります。抗インフルエンザ薬による治療で症状が収まってきても、すぐに出社及び登校ができるわけではありません。基本的に治療開始から最低5日間は自宅療養することが一般的とされています。

病院でのインフルエンザの治療には、健康保険を適用させることができます。社会人として働いている人であれば、自己負担額は総治療費の3割負担となります。ただ、インフルエンザの検査のみであれば、1,700円で受けることができます。予防接種は保険外診療となるので、病院によって費用に差が出てるので注意しましょう。

初期症状で対策

マスクの女性

たくさんの人に感染してしまう恐れがあるインフルエンザは、初期症状の段階で対処しておくことが大切です。関節の痛みや寒気、発熱などが見られる場合は、早い段階で検査を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。

詳しくはこちら

妊婦の対策

ウィルス

妊婦におけるインフルエンザの影響は、早めに専門医療機関で診察と治療を受ける事が先決です。また、お腹の赤ちゃんに感染症の影響が出ないように、脱水症状や栄養失調にならないよう気をつけておきましょう。

詳しくはこちら